SOU·COLLE
イラストレーション・デザイン制作の「そうそう,これこれ。」な覚書。

Photoshopのドロップシャドウで影のテクスチャをつくる

UnityでuGUIのスプライトに影を出すにはShadowコンポーネントを使う。Shadowコンポーネントは簡易なもので,エッジにぼかしを追加するといった機能は無い。

ということでテクスチャをつくるわけだけど,つくるたびにマスクを調整していては面倒臭い。スマートフィルターでぼかすという手もあるが,少しだけ形状にこだわることができるレイヤースタイルのドロップシャドウでつくってみる。

BlenderでXY軸に対して水平,垂直に展開する

この記事はblug_jpさん主催,Blender Advent Calendar 2015に参加しています。
13日目は,tomB_saikayaさんの「怪奇!?Rigifyの謎に迫る!」でした。

本記事では任意の線分を基準にして,UVをXY軸に対して水平,垂直にした状態で展開する方法について書いています

uGUIのAnchorsでレスポンシブアニメーション

この記事はkyusyukeigoさん主催,Unity2 Advent Calendar 2015に参加しています。
4日目は,WheetTweetさんの「非同期処理中にUnityAPIを使えるSpicyPixel Concurrency Kitのご紹介」でした。

本記事ではuGUIのAnchorsを使用して,レスポンシブなアニメーションをUnityエディタの標準機能だけで組みます

BlenderとUnityでゲーム開発をしてみた感想

この記事はblug_jpさん主催のBlender Advent Calendar 2014に参加しています。

はじめてのUnityゲーム開発

友達のプログラマーと組んで,Unityではじめてまともに3Dゲームの開発をしました。

落下物注意報!(iOS/Android/無料/12月15日配信予定)

3Dオブジェクトは全てBlenderで制作しました。足がかりとして知っておいたほういいだろうなあと思った事を,Blenderに重点を置きながらまとめたいと思います。

使用したソフトのバージョンは,Blender2.7.1,Unity4.6です

Illustratorでボヤけない1pxの線と図形を描く

引き続きIllusratorを使ってピクセルベースの綺麗な画像を制作する方法についてまとめます。
新規ドキュメントの作成がとても大事なので,前回の投稿(Illustratorでピクセルベースな画像を作る準備)も是非チェックしてみてください